フェンスの役割とその必要性について解説

新築戸建の最後の仕上げは外構(エクステリア)工事です。玄関から外までのアプローチや駐車場の整備、家周りの塀の設置などが考えられますが、中でもフェンスは外からの目隠しや中から外に出さないための塀の役割として重要な部分となります。小さなお子様や犬猫を飼育されている方は、通りに飛び出す心配が無くなります。逆に家の外から飛び石が入ってくるのを防いでくれる場合もあります。また、外からの視線を遮ることでプライバシーを保つのに役立ちます。そして、外構部分は家のイメージを決める大切な要素です。家の壁面のカラーを変更するのは大工事になりますが、エクステリアは細かな部分でイメージを変えることができますので、アクセサリーを変えておしゃれを楽しむように家作りを楽しむことができます。

境界、プライバシー保護、防犯としてのフェンス

エクステリアの役割は、どこからが敷地なのかをわかりやすい形で示すことです。ここからが敷地であると示すことは、不審者の不要な侵入を防ぐことに繋がり、不法侵入であると退去を命じることもできます。また、目隠しとして設置することが多いですが、隣地や通りからのストレートな目線を遮ることで、室内のプライバシーを守ることができるとともに、在宅中かどうかを外から判断しにくくするのは防犯にもつながります。エクステリアとしてのフェンスと生垣や石垣との違いは、前述のような目的を果たしながらも開放感を損なわないでいられることです。設置費用に応じて場所を選びやすく、設置後のメンテナンスや家のイメージに合わせて素材や商品を豊富な選択肢から選ぶことができるのは大きなメリットです。

外観イメージをオシャレにするフェンス

目隠しや防犯として設置だけでなく、何よりも家のイメージを決めるためのオシャレとして設置を楽しむことができます。隣地との境界線として設置するのは必要な部分となりますが、オシャレとしての設置は費用やイメージに合わせて調整することができます。例えば、外からの直接の目線を遮りたいけれども日当たりも確保したい、庭は見せたいけれども室内は見えにくくしたいといった希望がある場合です。メッシュ型、格子型のものであれば設置間隔を調整することでこれらの希望を果たすことができます。風通しを優先するならば、ルーバー型のもので目線を遮りつつ空気を通すことができます。基礎部分をブロックにするのか、地面に直接埋め込む形にするのかなどで施工費用や工事期間が変わりますので費用やイメージと相談しつつ、エクステリア作りを楽しむことができます。

ガーデンエレガンスではドックガーデンの提案には有資格者が愛犬と飼い主さんのご希望を聞いてくれるので安心です。 外構工事のお悩みなど、完成までイメージがつきやすいガーデンエレガンスにお任せください子供もペットも一緒にショールームへ行くこのが可能なので、安心して相談可能になっています! ガーデンリフォーム、エクステリアのことなら、おすすめのガーデンエレガンスへお任せください。 犬用の庭のフェンスならガーデンエレガンスにお任せ!